司法書士とは

司法書士とは相続業務

相続業務

身内の方が亡くなられた際には、故人が所有している遺産について、相続人がどの財産を相続するかを決めて、相続人の名義に変更することが必要です。
司法書士は、相続による不動産の名義変更の申請や、戸籍の収集や相続関係説明図の作成、誰がどの遺産を相続するかの話し合いの結果をまとめた遺産分割協議書の作成を行っています。

それ以外にも、相続放棄(財産よりも負債の方が多い場合などに遺産を一切相続しない手続)、特別代理人の選任申立(相続人の中に未成年者がいる場合の手続)、遺産分割調停の申立(遺産相続で争いになってしまった場合の手続)などで家庭裁判所に提出する書類の作成を行っています。

さらに、これから遺言書を作成したいとお考えの方への遺言の作成に関する相談や、遺言書の検認(申立自筆で書いた遺言書が見つかったときに行う手続)、遺言の内容を実現する人を選任する手続に関する書類の作成も行います。

このように司法書士は「相続手続」の専門家として、スムーズな相続の実現に貢献しております。

司法書士の業務範囲表
  司法書士 弁護士 行政書士 税理士
相続関係の調査  
裁判所での相続放棄手続 ◯※1    
遺産分割に関する交渉      
遺産分割協議書作成  
相続登記    
遺産整理業務
相続税申告    

※1 書類作成によるサポートは可能

※この表は、業務範囲のイメージとなります。
案件により内容が異なる場合がございます、ご了承下さい。

ロザンと学ぶ法律教室

相続のこと