ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室会社を始めるには?

会社のこと

会社を始めるには?
新会社法では、1人の発起人、1人の株主、1人の取締役、1円からの出資金(資本金は0円でも可)で会社を設立できます。ただ、実際に会社を設立する時には、資本金や設立費用の他にも用意しておくべきものがあります。
1.会社設立の準備
名称決め、資金集め、オフィスの契約、印鑑の作成など、手続きに入る前に必要なものを準備する。

2.定款の作成と認証
定款とは会社の憲法にあたるもの。公証役場で認証を受けてはじめて効力が生じる。

3.登記書類の作成
資本金を払い、法務局で登記するために必要な各種書類を作成する。

4.会社設立登記
法務局で会社設立登記の申請をおこなう。登記簿謄本を取得する。

5.開業の届け出
銀行口座の開設、税務署への届出など。

設立完了
宇治原のワンポイントアドバイス!
会社設立に必要な書類は多岐にわたります。事前にしっかり確認して準備しましょう。