ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室後見人の仕事とは?

成年後見のこと

後見人の仕事とは?
成年後見人の仕事は主に、本人に代わって財産管理と様々な契約を管理することです。

具体的には、現金、預貯金、不動産などの管理、税務処理、医療や介護に関する契約、施設への入所契約などを管理して、本人が日常生活に困らないように保護・支援します。
成年後見人は、本人が亡くなるまで本人のために活動する義務を広く負うことになります。
また、成年後見人は、その事務について家庭裁判所に報告し、家庭裁判所の監督を受けることになります。

成年後見人の職務は、法律行為に関するものに限られており、食事の世話や実際の介護などは含まれていません。
また、後見人が選ばれた後も、食料品や衣料品等の購入など日常生活に関する行為は、本人が自由に行なうことができます。

宇治原のワンポイントアドバイス!
後見人に就任する時には、関係者との面談、各所への届け出、書類の作成などの仕事も発生します。