ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室不動産を売り買いする場合の注意点は?

土地や家のこと

不動産を売り買いする場合の注意点は?
不動産売買というのは、大きな金額やさまざまな権利の動きが伴う重要な手続きです。
これから売り買いする不動産について、書類をもとに確認することが必要です。

家を売るときに気を付けることは?
不動産を売る場合は必要書類に注意して下さい。
一般的には、
・権利証といわれるもの
・印鑑証明書(3カ月以内のもの)
・固定資産税評価証明書
・実印

等が必要になります。
その他農地の売買であれば農業委員会の許可書等、取締役がその会社との間で売買する場合には取締役会議事録等が必要になります。

家を買うときに気を付けることは?
不動産を買う場合には、先ず法務局で登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書)を取得して、現在の登記簿上の名義が誰になっているかを調べましょう。
また、その不動産の所有権を制限する差押や仮差押の登記、あるいは抵当権等の登記がなされていないかも欠かさず確認しましょう。
これらの登記がなされたままですと、せっかく自分の名義にしても、競売等により所有権を失ってしまうことになりかねません。
その他、登記簿(登記事項証明書)には、地目や面積(土地の場合)、種類や構造、床面積(建物の場合)等が記載されていますが、これらについて現況と一致していない場合もあるので、注意が必要です。

宇治原のワンポイントアドバイス!
不動産売買は、財産に関わる重大な取引です。後々トラブルにならないためにも、登記簿などの書類をしっかり確認するようにしましょう。