ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室遺言はどうしたらよいの?

相続のこと

遺言はどうしたらよいの?
財産を特定の人に遺したい場合、遺言書を作成する必要があります。
遺言を残すと相続分の指定ができ、誰にどの割合で相続させるかを指定できます。つまり民法の法定相続分を変更できます。
他には、婚姻届を出していない男女間に生まれた子を、親が戸籍上の手続きによって自分の子だと認める認知ができます。遺言によって認知されてもその子は相続人になります。
また、遺産を特定の相続人や法定相続人と関係ない第三者に贈ったり(遺贈)、公益法人などに寄付することもできます。
宇治原のワンポイントアドバイス!
残される相続人同士が揉めたり、相続手続きで苦労しないように、遺言は必ず早めに書いておくようにしましょう。