ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室企業再編とは何ですか?

会社のこと

企業再編とは何ですか?
企業再編とは、経営の効率化やリストラのために企業グループを再編することです。
企業再編の方法としては、合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡があります。
合併
2つ以上の会社が1つの会社に吸収されて他の会社が解散するか、あるいは2つ以上の会社が全て解散して新しい会社を設立することです。メリットは一気にシェアを高められることなどですが、負債や非効率な事業も引き継がなければならないのがデメリットです。

会社分割
1つ又は2つ以上の会社が事業の一部を分割して新しい会社を設立するか、他の会社に吸収させることです。事業部門ごとに責任を明確化させられるのがメリット、利益規模が縮小するのがデメリットになります。

株式交換・株式移転
ある会社が別の会社の完全子会社となるため、子会社の株主全員が親会社と株式を交換する方法です。親会社を新しく設立する場合は株式移転となります。
多額の現金を用意する必要がないというメリットがありますが、好ましくない株主を排除できないというデメリットもあります。

事業譲渡
事業譲渡は会社分割に似ていますが、会社分割が包括的に権利義務を移転するのと違って、事業譲渡の場合は個々の権利義務を個別に移転しなければなりません。
また、事業の全部を譲渡しても、譲渡会社は解散しません。
売買契約に基づく取引行為となるため、契約により譲渡対象を限定できるメリットがある一方、買収するための資金が必要になるというデメリットがあります。

上記のほか、組織変更も企業再編の一種です。
持分会社が株式会社に、あるいは株式会社が持分会社に変更することができます。

宇治原のワンポイントアドバイス!
企業再編の手続きは、方法によってそれぞれ必要な資金、課税方法などが異なります。専門家との連携の上、会社にとって確実にプラスとなる方法を選びたいものです。