司法書士とは

司法書士とは裁判業務

裁判業務

貸金や家賃・敷金、損害賠償などを請求するなど、裁判所に訴えや申立てをするとき、私達司法書士は、皆さんに代わって書類を作成し、訴訟手続を応援いたします。 また、平成15年4月に施行された改正司法書士法により、新たに法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴訟代理業務が認められるようになりました。
簡易裁判所は、「貸したお金を返してもらえない」「売買代金を払ってもらえない」「家賃を払ってもらえない」・・・などのトラブルで請求金額が140万円以下の身近な事件を、普通の訴訟のような難しい手続ではなく、簡易な手続で迅速に解決するために設置された裁判所です。

我々司法書士は、この簡易裁判所で皆さんに代わって弁論したり、調停や和解の手続をすることができます。もちろん、裁判外でも、代理人として相手方と和解交渉をしたり、紛争性のある事件について相談を受けてアドバイスをしたりすることが可能です。
法律の専門家として、市民の皆様の身近な裁判のお手伝いをする司法書士。困ったときはお気軽に、まずはご相談ください。

司法書士の業務範囲表
  司法書士 弁護士 行政書士 税理士
裁判の代理 ◯※1    
裁判所へ提出する書類の作成    
和解交渉 ◯※2    
和解契約書作成 ◯※2  

※1 140万円以下の簡易裁判所のみ

※2 140万以下のみ

※この表は、業務範囲のイメージとなります。
案件により内容が異なる場合がございます、ご了承下さい。

ロザンと学ぶ法律教室

裁判のこと