ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室成年後見制度とは?

成年後見のこと

成年後見制度とは?
成年後見制度とは、認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力にハンディをかかえる方々が、不動産売買や遺産分割協議、預貯金の管理、介護サービスの利用や施設の入所など様々な手続きをする際に不利益をこうむらないよう、支援してくれる人をつける制度です。

「法定後見制度」と「任意後見制度」
成年後見制度は、「法定後見制度」と「任意後見制度」の大きく2つから成り立っており、法定後見制度はさらに、判断能力の程度により「後見」「保佐」「補助」の3つの類型に分かれています。

成年後見制度
法定後見制度 任意後見制度
後見/保佐/補助
すでに判断能力が不十分な方々について家庭裁判所により後見人等が選任され、支援を開始するもの。 判断能力があるうちに、将来判断能力が不十分になったときに備え、自分の選んだ信頼できる方との間で支援してもらいたい内容を決めて契約しておくもの。

判断能力が低下した後、家庭裁判所で任意後見監督人が選ばれると、任意後見人が支援を開始します。なお、この契約は公正証書で作成する必要があります。

宇治原のワンポイントアドバイス!
上記手続きのうち、どの方法が最良かは、これまでの借入の過程や負債状況、収入などによって人それぞれ異なります。自分だけで判断したり悩んだりせず、専門家に相談しましょう。

一覧に戻る