ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室債務整理方法について教えてください。

借金のこと

債務整理方法について教えてください。
多重債務となり返済が困難になったときに、法的手段によって債務を整理する方法のメリット・デメリットを、種類ごとに解説いたします。

任意整理とは
裁判所手続きによらず、弁護士や司法書士が、各債権者との間で個別に支払い方法などについて交渉する方法です。現在債務者が負っている債務を、利息制限法の利息に引き直してその額を確定させ、主に3~5年間での分割払いで返済していきます。

メリット 1.裁判外の手続きなので、債権者ごとに柔軟な返済計画での和解が可能である。
2.手続き開始から実際の支払い開始までの利息が免除されることが多い。
3.将来利息がカットされることが多いので、返済すればした分だけ元本が減る。
4.裁判所へ出頭する必要がない。
デメリット 1.あくまで任意の解決方法なので、相手側が話し合いに応じてくれない場合もある。
2.利息制限法による引き直し以上の債権額減額が望みにくい。
3.無理な和解を締結してしまった場合などでは、他の手続に移行する際に苦労をすることもある。
4.裁判外の公開されていない手続きなので、弁護士や司法書士との信頼関係が重要。

特定調停とは
債務者の申し立てにより、簡易裁判所の調停委員が債務者と債権者の間にたって支払い方法などについて交渉する方法です。任意整理と同じく、現在、債務者が負っている債務を、利息制限法の利息に引き直してその額を確定させ、主に3~5年間での分割払いで返済していきます。

メリット 1.手続きが比較的容易なので、弁護士や司法書士に頼まなくてもやりやすい。
2.他の裁判所が関与する手続きに比べて、費用が安価である。
3.将来利息がカットされるので、返済すればした分だけ元本が減る。
デメリット 1.利息制限法による引き直し以上の債権額減額が望みにくい。
2.手続き開始から実際の支払い開始までの利息が付加される場合がある。
3.調停が成立後、債権者との間で合意した調停内容に違反すると強制執行(不動産や給料などの差し押さえ)される恐れがある。
4.過払い金返還請求訴訟は別途起こさなくてはならない。

個人民事再生とは
現在債務者が負っている債務を利息制限法の利息に引き直して確定させ、その一部を元本カットして、3~5年間で分割返済していく方法です。住宅ローンの債務は従来どおりの支払いとすることで財産を維持したまま手続きをとることもできます。
なお、この分割返済の方法は裁判所が認めたものでなければなりません。

メリット 1.大幅な元本カットが望める。
2.将来利息がカットされるので、返済すればした分だけ元本が減る。
3.一定額まで支払えば、残りの額を支払わなくても免除される場合がある。
デメリット 1.手続きが非常に煩雑で、費用も時間もかかる。
2.ケースによっては債権者による決議があり、それが否決されるとそれ以上の手続きができなくなる。
3.法律上一定の要件が必要であるため、裁判所によって手続きが認められない場合がある。
4.官報に掲載される。
宇治原のワンポイントアドバイス!
どの手続きにもメリット・デメリットはあります。あらゆる状況を踏まえて債務整理の方法を検討するようにしましょう。