ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室会社の登記が必要な場合を教えてください。

会社のこと

会社の登記が必要な場合を教えてください。
設立時
会社の登記とは、どのような会社なのかを世間に公表し、取引の安全性をはかる制度で、会社をつくるときには義務づけられているものです。
具体的には、会社名や会社の目的、役員名などを登記簿に記載する手続きとなり、登記手続きをしてはじめて、会社として認められます。
登記しないまま放置していると、法務局より過料を課せられお金を支払わなくてはならないので、怠らず、最初にきちんとしておきましょう。
登記簿の記載内容に変更が生じたとき
会社設立時に必要となる登記手続きですが、その後も登記簿に記載した内容に変更が生じたときには、登記が必要になります。

<例>
・役員に変更があったとき
・役員の住所等に変更があったとき
・会社の名前が変わったとき
・会社の目的、事業内容が変更したとき
・本店を移転するとき
・組織を変更するとき
・増資、減資するとき
・合併するとき
・解散するとき
宇治原のワンポイントアドバイス!
会社を設立するときだけでなく、変更が生じたときも登記が必要です。内容変更時には、手続きすることを忘れないように気を付けましょう。