ロザンと学ぶ法律教室

ロザンと学ぶ法律教室リーガルサポートとは?

成年後見のこと

リーガルサポートとは?
成年後見制度とは、認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力にハンディをかかえる方々が、不動産売買や遺産分割協議、預貯金の管理、介護サービスの利用や施設の入所など様々な手続きをする際に不利益をこうむらないよう、支援してくれる人をつける制度です。
組織の紹介
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートは、1999年12月、高齢者、障害者等が自らの意思に基づき安心して日常生活を送ることができるように支援することを目的として設立された団体です。
司法書士として積み重ねた知識と経験を高齢者や障害者の権利擁護活動に役立てたいとの思いから、司法書士を正会員として構成されています。
2011年4月には成年後見制度普及活動としての「公益活動」を一層充実させるため、「公益社団法人」として新たにスタートしました。
現在、約6000名の会員が、全国各都道府県50ヶ所の支部を中心に高齢者・障害者等の権利を護る活動を展開しており、東京支部には約1000名の会員が在籍しています。

(2013年1月現在)

公益活動の紹介
リーガルサポートでは、成年後見制度普及活動として、次のような公益活動を行っています。

(1) 成年後見制度や申立手続等の相談
(2)「親族後見人養成講座」、「講習会及び説明会」、「シンポジウム」の開催並びに講師等の派遣
(3) 虐待防止等「高齢者・障害者等の権利擁護」のための支援活動
(4) 小冊子及び書籍の発刊・編集等
(5) 成年後見制度の改善研究・提言活動
(6)「市民後見人」養成支援活動等「成年後見の社会化」推進活動

詳しくは、「リーガルサポート東京支部」のホームページをご覧ください。
リーガルサポート東京支部